FC2ブログ

皆既月食

皆既月食の夜にお月さまを眺めながら、こんなお話を読みました。(坊守記)

「お月さまと 虫たち」           小川未明

 くもが なく、よく 空が はれて いましたので、お月さまは、のはらや 町をみて あるこうと おおもいに なりました。
 むらさきいろの なすの なって いる はたけで、こおろぎが ないて いました。
「こんばんは。」
と、お月さまは こえを おかけに なりました。
「だいぶ すずしく なりましたね。」
と、こおろぎが もうしました。
 すすきや、かやの しげった 中から、くつわむしの こえが、きこえて います。
「おげんきかね。」
 と、お月さまは のぞかれました。すると、くつわむしは、
「お月さま、ここは こせんじょうあとですか。」
と ききました。
「いいえ、ここは むかしの しろあとです。そうして、りっぱな ごてんが あった ところです。」
と、お月さまは おこたえに なりました。
 お月さまは 百年まえの ことも、千年まえの ことも、よく ごぞんじなのです。
 うつくしい ききょうや、りんどうや、つきみそうの さいて いる くさむらで、リンリン リンと、すずむしが こえを あわせて ないて いました。
「たいへん おにぎやかですね。」
と、お月さまが おっしゃいました。
「はい、わたしたちは こんや、ぶとうかいを ひらいて います。」
と、すずむしは もうしました。
 それから こんどは、お月さまは 町へ きて、おうちの かごの 中にはいっている すずむしを おのぞきに なりました。
「なにか、いなかへ ことづては ないかね。」
 と、お月さまは お問いに なりました。
「たっしゃで いると、きょうだいたちに よろしく いって ください。」
と、すずむしは もうしたので あります。

底本:「定本 小川未明童話全集 15」、講談社

DSC_0116_convert_20141009230036.jpg 今日の月(十六夜)

コメント

管理者にだけメッセージを送り、公開されません。

プロフィール

艸香

浄土真宗本願寺派(西本願寺)
清凉山 西蓮寺

住職・艸香 雄道(くさか ゆうどう)
〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡1625
Tel. 0274-22-0291
Fax. 0274-22-0335
お問い合わせフォーム

カレンダー
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

記事一覧

カテゴリ
最新コメント
お問い合わせ・ご感想
法事やお墓に関するお問い合わせ、ブログへのご感想などお気軽にご記入ください。
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR